愛知県で古民家を不動産として相続する魅力


政令指定都市である名古屋市がある愛知県では都会化が進んでいるという印象を受ける人も大勢います。しかし、現実的には主要駅の周辺のみで大幅な都会化が進められているだけであり、少し主要駅から離れるだけで閑静な住宅地が広がるようになり、さらに離れると農地が広がっている田舎の様相を呈しているのが愛知県です。住宅地としての長い歴史を持っている地域が多いのは確かであり、現在もある住宅地や農村地域には多数の古民家があります。愛知県で生まれ育った人にはこのような古民家で暮らしてきたという人も少なくはなく、相続の際に親から相続するかどうかで悩むようになる場合もあるでしょう。活用方法があるのかと悩みになりがちですが、大まかには二つの活用方法があります。

一つは賃貸経営によって利益を得るための不動産として活用する方法です。愛知県の主要な住宅地にある古民家であれば少しリフォームを行うだけで通常は高級住宅街と呼ばれるような場所に住める状況を作り出せます。福祉が充実しているのがこのような住宅街の特徴であり、賃貸生活をしたいファミリー層に比較的安い家賃で住める住まいとして提供しようと考えると長く住んでくれる入居者を見つけられる可能性が十分にあるのです。農村部にある場合には比較的都会へのアクセスが良いにもかかわらず農地なども手に入りやすくて田舎暮らしをする舞台としてとっつきやすいメリットを生かして賃貸経営をすることができます。もう一つの活用方法として自分が後に住むための家として保存しておく方法があり、老後の生活を考えたときにここで暮らしたいという印象を持ったならあえて自分用に取っておくのも良い方法です。

このようなメリットに着目して自分が相続しようと考えたら、相続した土地や建物などの不動産の4つの分割方法を知っておくことが大切です。不動産は相続資産としては高価なものであるため、相続のときには問題になってしまう傾向があります。不動産は売却してしまった方が良いとしばしば言われるのは分割が難しいからですが、うまく相続人の間で話に折り合いをつけられれば問題はありません。賃貸経営の魅力や自分が住む可能性を考えて、あえて古民家の古さなどのデメリットを伝えながら、自分が相続する方向で話を進めると獲得が可能です。

コメントを残す