北海道で古民家を活用する場合の不動産手続き


不動産売却の売買契約時に行われる重要事項説明ってなんですか?

北海道で古民家を売買することにより、活用を図る場合、重要事項説明が行われます。不動産取引において、重要事項説明は欠かせない手続きです。北海道で古民家の売買を行う場合も、需要事項説明が行われます。重要事項説明は、不動産会社の社員ならば誰でも行えるというものではありません。重要事項説明は、国家資格である宅地建物取引士によって行われます。すなわち、不動産取引を行う不動産会社には、専任の宅地建物取引士が最低でも一人はいなければならないことになります。重要事項説明は、宅地建物取引士本人が行わなければなりません。たとえどんな役職であろうとも、宅地建物取引士の有資格者で無ければ、重要事項説明はできません。重要事項説明を聞く場合には、説明しているのが宅地建物取引士本人であることを、免許証の提示を求めて確かめる必要があります。

重要事項説明では、不動産取引に関する大切な事項が説明されます。説明される内容の主なものは、権利関係、法令上の制限、不動産の状態、契約の条件です。始めに確認したいのは取引物件が特定されているかどうかです。登記による地番や建物番号が間違いなく記載されていることを確認する必要があります。権利関係では所有権が明確に記載されているかどうかや、抵当権などがどうなっているかも明確化されている必要があります。法令上の制限とは、土地の利用の制限や予定した建物が建つかどうかが記載されます。費用負担が発生する場合も記載があります。さらに、不動産の状態として、上下水道や電力供給の有無が記載され、物件の一部に私道がある場合は記載があります。

重要事項説明では、マンションなどの区分所有がされている物件に関しては別の記載がされています。権利関係、建物の利用、管理、修繕に関する取り決めも記載されます。マンションでは管理組合等による独自の取り決めがあるので、この部分の記載は注意が必要です。重要事項説明は契約とは異なります。不動産会社が売買を斡旋する時には、契約の前に、必ず重要事項説明を行わなければならない決まりとなっています。重要事項説明の内容を検討したい場合は、契約までの間に時間をとる必要があります。取引によっては、売買契約を取り交わす日に重要事項説明がなされることもあるので、スケジュール管理は重要です。

コメントを残す