兵庫県の古民家を有効に不動産活用するには


古くなってしまって手入れしないと人が住めなくなってしまったような古民家でお困りという場合もあるかも知れませんが、近年ではその活用法が注目を集めており、その方法については知っておいて損はないでしょう。使わないのに固定資産税を払い続ける必要がなくなり、好条件での売却や有効な収益物件としての再利用も考えられるはずです。

現在では団塊世代の定年に合わせて、老後はのんびりと暮らしたいというスローライフ志向の中高年が増加傾向にあり、定年を切欠に引っ越しを検討する場合も多数となっています。この為、兵庫県の様な田舎と都市部が密接に関わるようなエリアでは、こういった世代の需要も高まることも期待できます。あまりにも田舎ですと、何かあった時には困ったことに成りますが、兵庫県では姫路市や神戸市と言った都市部の周囲に長閑な田園風景や自然が残っていると言うエリアも多く、これらのエリアでは都市部へのアクセスも容易です。また、再開発の動きが見られるエリアもあり、田舎暮らしをしながらも、利便性を保って生活することも両立して目指せる場所も見つかるでしょう。

古民家は店舗運営の用途でも注目を集めており、人気の和モダンや純和風のお店はもちろん、洋風に仕立ててしまうという場合もあります。このような作り変えて使うというリノベーションは、現在の日本では支持を集めている不動産物件の利用方法で、古民家の需要も広がりを見せています。一から建てるよりもリーズナブルですし、古風な趣のある家自体にも魅力があります。

他にも、近年の観光業の盛り上がりを考えると、民泊施設への転用というのも、古民家の有効な不動産活用方法と言えるかもしれません。円安風潮がある間は環境客も見込みやすいですし、政府のインバウンド政策もあり、民泊施設の経営を考える人は多数となっています。国内外の観光客を誘致できるような魅力があるいエリアでしたら、考えておくのも悪くはないかもしれません。

古民家の不動産活用方法を考える際には一戸建てやマンションなどの不動産で民泊を始めるための3つのポイントとは?も併せて読んでみては如何でしょうか。どういった義務や制限があり、気をつけておきたいことはどういったことなのか、デメリットとメリットを併せて把握しておきたいものです。

コメントを残す