神奈川で価値のある不動産である古民家に住む方法


古民家というと不動産価値が低い物件だと考えてしまう人も大勢います。市場での取引価格も基本的には低く、賃貸物件として借りる場合にも家賃は安い傾向があるのは確かです。不動産鑑定士に依頼をしても低い評価を受けることが多いため、基本的には売ってもあまりお金にならず、賃貸経営をしても意味がないだろうと考えられてしまいます。マンションや土地の価値を算定する不動産鑑定士の仕事内容とは?を見るとわかるように客観的なデータから鑑定を行うとマイナス面が多いのは古民家の特徴です。老朽化が進んでいることに加えて、設備面でも新しい住宅に比べると劣ってしまっています。住宅機能で考えても気密性が低いことが多くて隙間風が入るような家もないわけではありません。築古でもう50年以上も使用されているものもあれば、空き家になってしまって長い期間が過ぎているものもあります。

このようなイメージを持たれることが多い古民家ですが、神奈川では賃貸経営に積極的な活用を行っている事例も多くあります。築古の古民家を扱っている不動産会社が神奈川にはあり、安い家賃で一軒家を賃貸するという形で活用しているのです。貸す側も不要になってしまって困っていたことが多く、地元密着型の不動産会社に多くの物件が集められています。

利用者がいるのかというのが問題になりますが、鑑定で価値が低いからといって誰もが目を向けないというわけではありません。個人の考え方次第で本当の価値は上下するのが事実です。低所得者にとっては家族で安く一軒家に住める候補にすることができる物件であり、古くてもうまく住み慣れてしまえば問題ないという考え方で利用しています。一方、古き良き時代のことを思い出してセカンドライフを過ごすための家として高齢者が利用するというケースも散見されています。レトロな雰囲気がある内装は昔の生活を思い出すのに十分なものであり、老後の楽しみの一つとして着目されているのです。購入するとなると敷居が高いものの、賃貸であればもし不都合があれば住み替えをすることができます。そのようなメリットに着目して思い切って古民家で生活をするという人もいるのです。神奈川で古民家を活用する方法として不動産会社に賃貸の仲介を依頼するのは良い方法です。

コメントを残す