鎌倉で古民家不動産物件を利用してお店を開く


 今、全国的に古民家不動産物件が注目を浴びています。鎌倉においても、こういった物件でお店などの商売をされる人が増えています。
 鎌倉は街全体が寺院を中心に観光地化しており、全国はもちろん、世界中から観光客が連日たくさん訪問する地域です。鎌倉は、歴史ある寺院が多くあり、古い街並みも残っている地域が多くあります。古民家不動産物件も多く存在しており、賃貸で借りることもできます。古き良き雰囲気のある鎌倉の古民家に住みたいと移住してくる人たちも多くいますが、観光客が多いこともあり、古民家でいろいろな商売をする人たちも多くいます。多くあるのがカフェや雑貨店です。古民家をそのまま中だけリノベーションをしてカフェにしているところも多くあります。夏休みに家族連れで観光に訪れる人をターゲットとしたかき氷やアイスクリームを提供するカフェ、古い建物の雰囲気に合わせ、お抹茶と和菓子、ぜんざいなどを提供する和のスタイルのカフェなどは、若い人から年配者の観光客はもちろんのこと、外国人観光客にも大人気となっているお店も多くあります。特に、古民家の古い家屋の雰囲気を活かしたお店は若い客層よりも30代から年配層と外国人観光客をターゲットにしたお店が多くあります。そのため、提供される商品もそういったニーズに合わせ、安くて量があるといったものではなく、少々値段が高くても上質なものを丁寧に提供するお店が増えています。そういった考えはカフェだけではなく、雑貨店などにも言えます。どこにでもありそうな雑貨店というのは少なく、各店舗のこだわりがしっかりとあるお店が多くあり、そういったお店が繁盛しています。和柄の食器類を販売する店舗、扇子を販売するお店などもあり、重くなく、日本的な要素が十分に感じることのできる為、外国人観光客がお土産として購入していくことの多いお店もあります。中にはオシャレなブティックなどもあります。オリジナルデザインをされたTシャツなどを販売するアパレルショップもあります。下駄や草履などを専門に扱うお店もあります。そういったこだわりのあるお店には、観光客だけではなく、全国各地からそのお店に行きたいと、わざわざ来店される人も多くいる人気店などもあります。また、観光客をターゲットとした、お土産物店として営業しているお店も多くあります。お土産用のキーホルダーなどの雑貨類、漬物類などを販売するお店も多くあります。

コメントを残す