古都京都だからこそ古民家を不動産として活用


古都京都と呼ばれる昔からの伝統文化が生きている地域だからこそ古民家を活用することに意味があります。他の地域で歴史ある家が建っていたとしても古ぼけた家という印象を受けてしまいがちですが、京都であればその長い歴史を想像して風情ある家として認識してもらうことができるからです。このような観点から不動産として古民家を手に入れて活用するのにメリットがあります。

不動産投資をするために手に入れるというのは活用方法の一つです。賃貸物件として単純に流通させるのは難しい場合もありますが、短期滞在者をターゲットに絞ってみると効果的な賃貸経営ができる可能性があります。仕事の都合で家族で数ヶ月程度の滞在をするというケースや、長期旅行で一週間から二週間程度滞在するというケースに使える宿泊施設として経営すると需要に応えることができるからです。古都としての歴史がある街であるのも確かですが、経済の中心地としても発展していることに加え、観光名所も各地に散在しています。ビジネスや観光目的で滞在したいという需要は高く、その人たちをターゲットにして経営すれば入居者を獲得しやすいのです。また、不動産を手に入れて店舗経営をするというのもアプローチとしては有用なものであり、古民家のカフェやバーなどを経営したり、伝統工芸品などの小売店としたりすると旅行客を中心として様々な客層を集めることができます。風情ある雰囲気を活かした店舗設計をすることが重要になりますが、その発想力と経営力があれば繁盛することも可能です。

このような点に着目して古民家を京都で手に入れようと考えたものの、やはりやめておこうと躊躇してしまう場合もあります。良い不動産を手に入れたと思ったけれど、予算的にやはり厳しいかもしれないということもないわけではありません。より良い物件を見つけてしまったときにも売買契約を解除して別の物件を手に入れようと考える場合もあります。売買契約までしてしまったときには違約金を払わなければなりません。マンションの売買契約を解除した時の違約金の上限はいくらくらい?を参考にどの程度までかかるリスクがあるのかを知っておくことは大切でしょう。売買価格の二割程度が上限だと理解しておくとほぼ問題はありませんが、損害賠償が発生するリスクも考慮し、売買契約まで到達してしまったら思いきって買ってしまうことも重要です。

コメントを残す