愛媛で古民家を活用するための不動産に関する知識


快適な住まいのために!不動産購入のためのチェック項目

愛媛で古民家を活用する場合は、不動産の知識を得ることも必要です。不動産の知識の中でも、購入するためのチェック項目を知ることは重要です。愛媛で古民家を購入する場合も、普通の住まいの購入に関する知識が必要です。気候風土の温暖な愛媛の古民家は、活用するのに十分な価値があります。住宅のチェック項目と古民家のチェック項目には重なる部分と相違する部分があるので、それぞれを分けてチェックする必要があります。

普通の住宅と古民家で最も異なるチェック項目は、利便性に関することです。普通の住宅では最寄り駅からの近さなどが重要なチェック項目となりますが、古い民家の場合はその点を考慮する必要はありません。利便性が良くなくても、自然環境の豊かさの方が大切とされます。普通の住宅と古い民家で共通するチェック項目は安全性です。一般的に安全性は、新しい住宅よりも、古い民家の方が安全です。古い民家は洪水の恐れのあるような場所には建てられていないのに対して、新しい住宅は洪水の危険のある場所に建てられる場合があります。

地震に対する安全性も、新しい住宅よりも、古い民家の方に軍配が上がります。新しい住宅に使われている部材は一般的に細く、筋違いで強度を保っているにすぎません、古い民家に使われる部材は太く、柱や梁の太さは新しい住宅の数倍はあります。古い民家は筋違いのいらない剛構造であるのに対して、新しい住宅は筋違いが無いともちません。古い民家で注意しなければならないのは、腐敗している部材の発生です。腐敗している部材は、新しいものと取り替える必要があります。

古い民家の活用では、建物が建つ地域が市街化調整区域である場合に注意が必要です。市街化調整区域は市街化を抑制する区域とされ、農林漁業の従事者など、法律で決められた人以外は建築を建てることができない地域です。増改築が必要な場合も、持ち主によっては工事が制限される場合があるので、事前の調査が必要です。古い民家の活用では、下水が整備されているかどうかのチェックが必要です。下水が整備されていない場合は、浄化槽の設置が必要です。その場合でも、水利権者の同意等が必要となるので、事前の調査が大切となります。

コメントを残す