沖縄県に古民家である実家の不動産活用方法を検討


沖縄県に住む魅力は、周囲を海に囲まれた島で自然が豊富に存在し、豊かな環境で暮らすことができることです。特に綺麗なサンゴ礁や砂浜が続く海岸線は夏では観光客がよく訪れるほどで、風光明媚なスポットとして人気があります。こうした風光明媚な風景を仮に沖縄県に住んだら毎日のように堪能できる点でも優れています。また年間を通して気候も温暖であり、雪があまり降らない地域であるため、寒さに弱い方も沖縄に住むのは快適であったりします。他に地域の美味しい食文化や地域の方々の人情なども優れ、そういった側面からも住みやすかったりするのも良いです。

一方では本州に暮らしている人の中には、沖縄県に祖父や親が住んでいるという方も多いです。最近は祖父や親が住んでいたのですが亡くなってしまい、いつしか空き家になってしまうケースも見られます。実際に家を継ぎたくても本州に仕事を持って住んでいるため、沖縄県に帰ることがほとんどないケースもあります。そういった祖父や親が住んでいた古民家が空き家になっているため、それを不動産活用の需要が存在します。不動産活用方法と言えば、例えば住まない土地と古民家をそのまま沖縄県で暮らしたい方に売却する方法、賃貸する方法の二つがあります。ただ祖父や親が長年、暮らしていた土地や建物を売却するのは好ましくなかったり、かといって賃貸で貸しても将来、実際に沖縄県に帰る必要が出来た時に、賃貸契約を解除するのに手続きなどが面倒というケースもあります。その場合、借りる人を募って定期借家契約を締結していくという方法をとることができます。風光明媚な沖縄県に一時的にでも住んでみたいという需要もあるため、定期借家でも借りたい方も多いはずです。

定期借家契約は、古民家の所有者がその不動産を第三者に貸すのですが、あらかじめ期間を決めて貸すことができるというものです。つまり期間を定めておけば、将来、また自分が住みたい時に手元に不動産が必ず戻って来る契約となります。しかも必要に応じて再契約も可能なため、限界まで空き家になった古民家を人に貸すことができる点もメリットです。なお定期借家契約をしたい場合には、それを参考にできるブログ記事が存在し、それは実家が空き家になりました…お得な定期借家制度についてです。そこには普通の借家契約と定期借家契約の違いやメリット点等も記載されているため、それを見ることで本格的に空き家を貸すことを検討することも可能となります。

コメントを残す