関西で古民家を活用する場合の不動産知識


絶対にチェックしておきたいマンション購入時のポイントがある!

関西の古民家を活用する場合は、マンション購入時のチェックポイントを参考にする必要があります。関西での古民家の流通はまだ少ないのが実情です。売買においては、流通量の多いマンションの例を参考にすることが効果的です。不動産の購入においては、いくつかのチェック項目があります。不動産の購入を適切な不動産会社に依頼する場合は、致命的な損害になるようなチェック項目は、すでに不動産会社によりチェックがなされているので心配はありません。しかし、不動産会社を通さないで直接売主から購入する場合は、所有権などのポイントをチェックする必要があります。

適切な不動産会社が仲介に入っている場合は、物件の中身のチェックが主となります。マンションにおいては、建築年の確認が重要となります。建築物の耐震性の基準を決める建築基準法は、1981年6月に改正となり、新耐震基準が適用となりました。それ以前に建築確認申請の許可を取得した建築物は、旧耐震基準により建てられたことになります。旧耐震基準で建てられた建物の全てが耐震性に問題のあるわけではありません。しかし、建物の安全性は耐震診断のより確認する必要があり、耐震性が低いと診断された建物は、耐震補強が必要となります。1981年6月以降に建築確認申請が許可となったマンションは、耐震性に関しては問題はないと考えられます。

マンションのチェックにおいて、設計者を確認することは大切です。手抜き工事がされているマンションのほとんどは、設計者と施工者が同じ会社の場合です。設計は施工者とは別組織の、専門の設計事務所によってなされていれば安心できます。マンションを個別にチェックする場合は、避難経路の確認が必要です。階段は必ずしも複数ある必要はありませんが、バルコニーに避難用タラップが設置されているかどうかの確認が必要です。マンションは治安上の安全性の確認が必要です。エントランスの扉は、オートロック式となっていることを確認し、防犯カメラの設置も必要です。住戸の玄関には、TVモニター付インターホンの設置も必要です。マンションにおいては、管理が適切になされているかどうかのチェックも大切です。一般に、管理が適切になされているマンションは、集合郵便受けの状態を見ることで判断できると言われています。

コメントを残す