飛騨の小京都である飛騨高山で古民家の不動産売却


飛騨高山は、岐阜県でも北部の飛騨地方に存在する地域で高山市の市域の約92%が山林に覆われている特徴を持っています。そのため残りの約8%の地域が平地で住宅地になり、住む上には適した場所となります。飛騨高山の地域の特徴としては、江戸時代以来の民家や商家がそのまま保全されているため、古民家が多く密集して残っている特徴を持っています。特に重要伝統的建造物群保存地区としては、高山三町、下二之町大新町となり、そこが伝統的な建造物が残る地区で有名です。しかも冬は豪雪地帯にあり、豪雪でも倒壊しない丈夫な構造の住宅が建設され、そういった点からも歴史的にも長く活用できる民家が発展した傾向も見られます。

飛騨高山は観光地としても優れており、近くに白川郷の世界遺産もあるため、多くの観光客が世界中から訪れることも多いです。そのため都心部から来た方や他の地域から来た方などにとって、田舎暮らしを検討される方は飛騨高山で古民家を購入してそこに住むという憧れを持たれる方も少なくありません。そういったニーズも近年は存在するため、古民家であっても不動産売却に適しているケースもあります。古民家の不動産売却を検討する場合、その不動産売却で不動産会社が行う3つの査定評価方法とは?が気になります。その査定評価方法には、取引事例比較法・原価法・収益還元法の3つがあり、まず取引事例比較法では近隣エリアの取引事例を参考にする方法です。次の原価法はもう一度建て直した場合にかかる原価を導き出し、それを築年数による劣化分を差し引く方法となります。最後の収益還元法は投資用の物件の売買に用いられる方法で、将来的に生み出せる収益を基準とする方法です。

飛騨高山の古民家といった不動産の売却のケースでは、原価法では古い住宅なのでほとんど価値が存在しない結果となってしまうため、暮らすことが可能という観点からすると原価法は適しません。また収益還元法では、専ら暮らすために使用されるため、収益性が存在する物件ではないのでそれも馴染みません。そこで残った取引事例比較法が望ましく、近隣エリアの売買取引はどのくらいだったかを基準にして決めるのがベストかもしれません。ただ古民家が今の時代、人気が出ている不動産だと言われても、まだ取引事例も少ない可能性もあります。従って事情・時点・地域・物件という様に、そういった要件での修正や補正を行うことで対応していく流れがベストとなります。

コメントを残す